ピンチの時に低金利かつ簡単にお金が借りられる銀行カードローン

とにかく今すぐ借りたい! SMBCオフィシャルページ

急にお金が必要になったときに比較的簡単にお金を借りられるサービスとして利用者が多いのが消費者金融のキャッシングですが、このサービスは総量規制の対象となる借入となるため消費者は自分の年収の三分の一までしかお金を借りることができません。

そのため、自身の年収の三分の一以上のまとまった金額を借りたいという場合、消費者金融のキャッシングは残念ながら救いの手となってくれないことになります。

また、消費者金融のキャッシングではお金を借りる際の手続きが比較的簡単である代わりに金利が高いというデメリットな面があり、キャッシングでの借入金額が多いときには月々の利息の支払いが家計に大きな負担となってしまうという難点もあります。

それに対して銀行ローンでは総量規制の対象ではない借り入れにもかかわらず、消費者金融のキャッシングと同様にお金を借りるための手続きが簡単だという特徴があります。

また、銀行ローンは無担保型のローンには珍しく金利が低いというメリットがあります。

つまり、銀行ローンは消費者金融のキャッシングとほぼ同様のサービスでありながら、自身の年収を気にせずに低金利でのお金の借り入れが可能になっています。

銀行カードローンは店頭やネット上など自分の都合に合わせた申し込みができるので、急にお金が必要になったときなどには頼りになるサービスとなってくれるはずです。

銀行ローンの特徴!消費者金融のローンとの違いを紹介

カードローンには銀行ローンと消費者金融のローンとがあります。

銀行ローンの特徴は消費者金融のカードローンと比較して低い金利でお金を借りることが出来る点です。

下限の金利は勿論として上限の金利も消費者金融のカードローンと比較して低く設定されています。

金利が低い程返済する利息が少なくて済むので負担が減り返済しやすいと言うことが出来ます。

また借入限度額に関しても消費者金融のカードローンは上限額が500万くらいの業者が多いと言えますが、銀行カードローンの場合は800万円~1,000万円と最大限度額が大きいのが特徴です。

複数の金融業者に借り入れをするより大口融資の方が金利が低くなるのでまとめて1つの銀行で借りられるならそれに越したことはありません。

ですが銀行カードローンは消費者金融のカードローンと比較して審査に時間がかかる、審査が厳しいと言えます。

消費者金融は基本安定した収入があれば借りることが出来るといったスタンスですが、銀行カードローンは返済が滞ることなく確実に出来る人を対象にして融資するといったスタンスです。

ですが銀行カードローンは総量規制法ではなく銀行規制に則っているので、本人に収入がない場合でも配偶者に収入があれば融資が可能なケースがありその点も消費者金融のカードローンとの相違と言えます。

銀行ローンに対して設定されている金利に関する水準の低下

銀行ローンには、金利の設定されることが一般的な流れとして挙げられています。

その金利の水準自体は、以前に比べると低下の傾向が顕著に見受けられていると考えられており、銀行のローンなどの融資を活用しやすい状況が形成されることにも関与しています。

近年は複数の銀行において、ローンに適用される金利を積極的に低下させていく動きが本格化しています。

ローンの契約内容や返済までのプロセスに応じて、金利の変動することも銀行ごとに展開されていますが、契約の在り方によっては大きく金利が下がる可能性も芽生えてきているのではないかと思います。

そのため、ケースバイケースでローンの契約を考えやすい状況が発生することにも関与しており、その点へのよいイメージも強まりつつあると言えるのではないでしょうか。

銀行での新たなローンの契約に際しては、契約を考える当事者は金利の面に関心を強く持つ傾向がかつてよりも強くなっています。

今後は更に低水準の金利の適用への期待も膨らむと考えられていることから、こうした傾向が更に如実になるのではないかと推測されています。

銀行でローンを契約しようとする人が、現在に比べて更に増える可能性も想定されるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。